top

会社概要 魚市場のしくみ 漁法の紹介 旬のお魚紹介
取扱い商品案内 施設案内 所在地案内 おいしいレシピ リンク


佐世保魚市場は、お魚を通じて鮮度と真心をおとどけする市民の台所です。
西日本最大級の規模を誇る佐世保魚市場では、毎日さまざまな魚が水揚げされます。佐世保近海や、五島列島、平戸沖などで捕れた新鮮なお魚を、皆様の食卓にお届けしております。
ここでは、「入船→水揚げ→配列→競り」までの流れをご紹介いたします。
普段は、なかなか皆様に知られていない、魚市場の業務をご覧ください。
もしかしたら、ここで映ってるお魚が、あなたのお宅へおとどけされたかもしれませんね。

早朝の2時を過ぎると魚市場は静かに動き出します。

入 船

遠い暗闇の中から明かりをつけた漁船が、魚市場の岸壁に設けられたポンツーン(浮き桟橋)に向かって集まってきます。

水 揚 げ

捕れたばかりの魚を、なれた手つきで次々と船から下ろしていきます。
ほんの数時間前までは、大海原を泳ぎまわっていた魚たちです。

水揚げされた魚は、手際良く箱につめられ、ベルトコンベアーにて、競り会場へと運ばれていきます。
運ばれていく途中には、氷をつめたり、ビニールパーチ(透明なラップ状なもの)を貼ったりと、鮮度を落とさないために、細心の心配りをしております。

配 列

広い競り場に、所狭しと、とれたての魚が並びます。この時間になると、人の数も増え、いよいよ競りが始まる時間となります。
仲買人の人達が下見をしている姿もみられます。

競 り

時刻は、午前4時半。
この時間になると、いよいよ競りのスタートです。

威勢の良い掛け声とともに、競りが始まります。スピィーディにしかも、正確に。並んだ魚たちが次々に競り落とされていきます。短い時間に繰り広げられる駆け引きも見所です。
手に持った小さな黒板に金額を書きこみ競り人に見せます。提示金額の高い人がその魚を競り落とします。

たまには、提示された金額が、同額の時もあります。そんな時は、「じゃんけん」で決着をつけます。厳しい時間の中に、ちょっとなごやかな一面もあります。

競りに参加している人達の紹介
 白色の帽子・・・競り人
 緑の帽子・・・仲買人
 紺色の帽子・・・売参人
 オレンジの帽子・・・荷役人