優美で品格のある姿、上品な味わい、そして「めでたい」に言葉を掛け合わせられる、と3拍子揃った魚の王様、鯛。しかも「腐っても鯛」と言われるほど、脂肪が少なく酸化しにくいのが特長で、鯛に多く含まれるうま味のイノシン酸やグルタミン酸などのアミノ酸は、鮮度が落ちても分解されずおいしさを保ちます。また、鯛はとくに頭部がおいしく、目玉の部分にはビタミンA、B1が含まれているので、ぜひ、残さず楽しみましょう。
 

販売はこちら

 
       
鯛の中国風刺し身   鯛の衣揚げ   鯛のあらスープ   鯛のカルパッチョ   鯛めし
 
     
 


ごま油が淡泊な鯛によく合う。

材料(4人前)

鯛(刺し身用)……320g
人参………………1/2本
きゅうり……………1本
ピーナツ…………20粒
コーンフレークス
……………1/2カップ

 

(A)
しょうゆ……大さじ3
酢……………大さじ2
ごま油………小さじ2
ごま…………小さじ1

   
作り方            
1

鯛は薄くスライスする。
2

人参、きゅうりはそれぞれせん切りにして水にさらし、ピーナツは刻む。
3

器に鯛を並べ、人参、きゅうり、ピーナツ、コーンフレークスを添える。Aをかけて、全体をよく混ぜ合わせていただく。
ポイント! 食べる時は、たれをかけて、野菜や添えものと良く混ぜ合わせます。
 もどる

     
 


片栗粉を入れた衣で揚げる中華風天ぷら。

材料(4人前)

鯛…………………4切
酒・生姜汁…各小さじ1
揚げ油・さんしょう・塩……………各適量

 

(A)
卵……………………1コ
小麦粉・片栗粉
………………各大さじ3
水・ごま油……各大さじ1

   
作り方            
1

鯛は1切を3つに切り、酒、生姜汁をからめておく。
2

ボールにAの卵、水、ごま油を入れてよく混ぜ、合わせてふるった小麦粉、片栗粉を加えてさっくり混ぜる。
3

揚げ油を180度Cに熱し、衣をたっぷりとつけた鯛を入れて揚げる。
4

さんしょう、塩をつけていただく。
ポイント! 鯛は下味をしっかりとつけておくこと。
 もどる


     
 


鯛から出るおいしいだしを生かして。

材料(4人前)

鯛のあら…………400g
塩………………小さじ1
絹とうふ…………1/2丁
生しいたけ…………4コ
白髪ネギ・白ごま・人参………………各適量

 

(A)
水………………5カップ
昆布………………10cm
酒………………大さじ1
塩・しょうゆ・ごま油
……………各小さじ1

   
作り方            
1

鯛のあらは5cm角位のブツ切りにし、塩をまぶしてしばらくおく。熱湯にくぐらせてから流水にとり、きれいに洗う。
2

鍋にAの水、昆布を入れて煮立ったら昆布を取り出す。
3

鯛のあらを入れてアクを取りながら弱火で約20分煮る。
4

残りの調味料、スライスした生しいたけ、人参、白ごまを添える。
ポイント! 鯛のあらは必ず下茹でして洗うこと。
 もどる

     
 


目先を変えていただく刺し身です。

材料(4人前)

鯛(刺し身用)…320g
オリーブオイル
………………大さじ2
塩・こしょう・デイル・赤ピーマン………各適量

 

   
作り方            
1

鯛はスライスしてお皿に並べる。
2

塩、こしょうをふり、刻んだデイル、赤ピーマンを散らし、オリーブオイルをかける。
ポイント! お皿に盛り付けてからよく冷していただきましょう。
 もどる

   

 

 

 


鯛のあらでできるごちそう料理。

材料(4人前)

鯛の頭……………1尾分
塩・三つ葉………各適量
米……………………3合

 

(A)
だし汁……………720cc
しょうゆ・酒…各大さじ1
塩……………小さじ1/3

作り方            
1

米は炊く30分前にといでザルに上げる。
2

鯛の頭は全体に塩をふってしばらくおく。焼き網を熱して、鯛の頭の両面を焼く。
3

土鍋に米、Aを入れてふたをし、火にかける。最初は強火で5〜6分かけ、煮立ってきたら鯛の頭をのせる。中火にして7〜8分、さらに弱火にして約10分炊く。
4

火を止めたら5分程蒸らし、三つ葉を散らす。鯛の骨をとり除き、身をほぐしてごはんと混ぜる。
ポイント! 鯛の頭はゆっくりとよく焼いて、中まで火を通してから入れるとよい。
 もどる

このページは東信水産株式会社のご協力により掲載しております。
東信水産株式会社


佐世保市地方卸売市場水産市場
佐世保魚市場株式会社
〒858-0918長崎県佐世保市相浦町1563
TEL0120-58-0343 FAX0956-48-6170