top

会社概要 魚市場のしくみ 漁法の紹介 旬のお魚紹介
取扱い商品案内 施設案内 所在地案内 おいしいレシピ リンク



 

弊社は、九州最西端の西海九十九島・五島列島一円の近海や東シナ海・黄海等の好漁場に隣接し、距離的優位性を活かした、高鮮度で豊富な魚介類を佐世保を中心とした地域の皆様の消費市場としてはもとより、産地市場として水揚しています。 関東・関西等の消費者の皆様へお届けしております。
最新の施設・機材を完備致しており、
生鮮魚介類の供給基地、 すなわち流通の拠点として、その機能を充分に発揮し、消費地(ニーズ)情報・生産地情報の受発信基地としての役割をも担っております。また、アクアリウム(展示水槽)や料理教室なども備え、お魚を通じて市民の皆様に開放し、生産者の皆様や消費者の皆様に愛され満足いただける安全で安心な市場創りを目指して、 更なる努力を重ねる所存でございますので、尚一層のご支援を賜りますようお願い申しあげます。

取締役会長  金子卓也  


組織図

営業一部

◆近海物課◆

〜 近海物 〜
沿岸物を主として、一本釣・延縄物および天然活魚、特殊物を取り扱う。
活魚での販売が多い。
主要取扱魚種:タイ、イサキ、ヒラメ、イカ、カニ、エビ、サーモン、マグロ、貝類


営業二部

◆青物課◆

〜 旋網物課 〜

大型・中型・小型の旋網で漁獲される魚の販売。
主要取扱魚種:主要取扱魚種:アジ、サバ、イワシ等


〜 定置漁船物 〜
五島列島・平戸を主として、定置物・漁船物を取り扱う。
主要取扱魚種:ヤリイカ、スルメイカ、イサキ、アゴ等


商事部

◆商事一課◆

一般冷凍商材・塩干品の販売。
主要取扱魚種:輸入冷凍魚、タコ、エビ、塩サバ、塩サンマ、加工食品等

◆商事二課◆

当市場で水揚げされた前浜物を全国の加工業者等業務卸へ販売

◆養殖物課◆

温度管理された陸上生簀設備を利用して養殖魚の場内販売。
養殖場への飼料販売、養殖魚の買付販売。
主要取扱魚種:養殖ハマチ、ヒラス・タイ、ヒラメ、しまあじ


加工場

市場に水揚げされた鮮魚を徹底した衛生管理のもと、直ちに下処理。内臓処理からフィーレ、刺身に至るまできめ細かに対応。


総務部

人事・総務業務
総務部門・経理部門・電算部門・会計部門・精算部門からなり、電算部門・会計部門は、主に仕切金の支払い業務を行う。
精算部門は仲卸、売参、買出人からの代金回収業務を行う。




■会社概要

会社名

佐世保魚市場株式会社

所在地

長崎県佐世保市相浦町1563

創業

大正9年(1920年)11月15日

設立

昭和17年(1942年)8月19日

資本金

9,000万円

代表者

代表取締役社長 井上正人

社員数

40名

取引銀行

親和銀行・他6行


■営業内容

生鮮魚介類・加工品の売買並びに委託販売


■沿革

大正2年9月

万津町に市営魚市場を開設

大正9年11月

創業

昭和4年3月

三浦町に移転

昭和13年7月

佐世保中央卸売市場の業務を開始、三浦町市場と相浦分場魚類部で発足

昭和17年8月

佐世保魚市場株式会社設立

平成9年9月

新相浦市場移転開業


■佐世保市地方卸売市場のしくみ

許可者

農林水産省

開設者

佐世保市

卸売業者

佐世保魚市場株式会社

仲卸業者 売買参加者 買出人 合計
25 141 78 244
(H22.4.1現在)

主な産地

五島列島・対馬等長崎県沿岸及び日本海域、東海、黄海。

主な魚介類

青物・赤物・瀬物・太物・底物・大・中・小型旋網・底曳網・一本釣・延網 他